良原リエ / trico! / small color
夕暮れサロン、今週の土日
18日19日です。もうすぐです。

small colorの共演には
イギリスより来日しているRachael Daddを迎えます。

澄み渡る美しい声で、虫や鳥、自然のことを唄っています。
バンジョーやギター、ピアノを弾きながら、
紡がれる言葉や音楽は、無垢でナチュラルで、
彼女のまっすぐで嘘のない心が、そのまま現れているようです。


レイチェルが最初に日本に来日したときに、
対バンをしてからの縁です。
彼女の曲にアコーディオンで入ることになり、
曲を聴きながら、譜面をおこそうとしたのですが、、、
どうしても譜面にすることができなかった!のでした。

いろんな方のサポートをやってきたので、
譜面にすることなんて、なんら難しいことじゃないのですが、
レイチェルには独特な彼女だけのテンポ感やコード感があって、
それらを譜面にすることは、とても困難なのでした。

でもね、不思議なんです。
聴いていると全く違和感がない。
そこでは、とても不思議な流れやコードが鳴っているというのに、
とても自然な流れなんです。

レイチェルの心の中を、そのまま音にしたからなのかな。
表現したいものがそこにあって、それを作り込むことなく、音にしている。
そして生まれた音は、とってもおおらかで、深い。

だからか、譜面にすることも、途中でばかばかしいなとも感じて、
レイチェルの発したいことをその場で読み取って演奏するのが
一番だという結論にたどり着きました。

本番は、彼女のすぐそばで、
彼女の発する歌にただついていく、そんな感じで演奏しました。
とてもいいライブになりましたよ。

今度の夕暮れサロンでも、一緒に演奏する予定です。


レイチェルにはさらに、
イラスト、そして手芸という素晴らしい才能があります。
特に、ミシンと刺繍は特筆すべきもので、まるでペンで絵を書くように、
流れるような美しい模様を作り出します。

例えば、small colorのヨーロッパツアー、
ブリストル公演のフライヤーは、
彼女のイラストによるものです。

l_19458e55874e4e03a61e2c2f396047fc

彼女のアルバム「After the ant fight」のジャケットは
彼女の刺繍によるもの。

R-1887767-1250239112

こんなに魅力的なアリさんを刺繍でぱぱっと作ってしまうなんて!

他にも、こんな素敵なものもあります。

32e91604-s

これは数年前に、レイチェルとケイト・ステイブルズ、ジェシ・ヴァーノンの
3人が日本でツアーをしたときのフライヤー用に縫われたもの。
ミシンの一筆書きですよ!素敵すぎます。
(この3人は我が家にご飯を食べにきました。たらふく食べて帰りました。)

次から次へといろんなものが自然に生まれてくる。
レイチェルは真のアーティストだなと思います。


今、彼女は日本に長期滞在しているのですが、
日本にいる間限定のブログを始めたそうです。
ぜひのぞいてみてください。
彼女の視線の感覚がちょっとわかるかもしれません。

特にART WORKのところは必見です。
ため息がでちゃいますよ。

演奏しているムービーも見られます。


夕暮れサロンは、自由が丘も鎌倉も
残りの席わずかです。ご予約はお早めに。

+++++
 
「夕暮れサロン VOL.5」
 
Rachael Dadd(from UK)
small color(オオニシユウスケ+良原リエ)
 
2010年12月18日(SAT)
自由が丘 cafe イカニカ
東京都世田谷区等々力6-40-7
TEL 03-6411-6998 
 
2010年12月19日(SUN)
鎌倉市小町2-10-7 ストロービル3F
 
いずれもopen 17:30 start 18:00
予約:2500円 当日:3000
各店頭でも受け付けています
 
*鎌倉ではピアノがあるので、trico!の曲も演奏します。
鎌倉のみ、trico!、Rachael Dadd、small colorとなります。
  • ライブドアブログ